Altron Logo Top
Altron Logo Bottom
white_space
株式会社アルトロン 採用情報

世界20カ国、12言語で愛されるディズニーキャラクターのゲーム。
物語展開。キャラデザイン。"世界を代表する技"を身につけろ!

Develop誌 製品 全員 打合わせ
       
主な募集職種
ゲームプログラマ コンピュータ言語を使ったプログラミング作業はもちろん、ゲームの企画段階から関わり、 ストーリー展開や細部にいたるまで担当します。総合的に制作に携わり、ゲームを組み立てていく大黒柱的な存在です。
グラフィッカー キャラクターや背景、小物など画面に登場するすべてのグラフィック要素を制作します。 3DCGなどのグラフィック制作ソフトを駆使し、ゲームの企画段階で決定された世界観を忠実に表現することが求められます。
英文事務 一般事務及び英語から日本語の翻訳。英文の企画書、メール、等の英文から日本語への 翻訳。社内資料の翻訳ですので、未経験者でもかまいません。
採用背景

世界中から開発依頼が続々と舞い込んでいます。
たった40名しかいない私たち。お断りするしかありません

アルトロンの取引先はアメリカを中心とした世界のエンターテイメント企業やゲームソフト企業です。主にウォルト・ディズニー社
など2社と提携し制作を請け負っています。現在、同時に進行できるゲーム開発部隊は4チーム。1チーム8~10人で、 制作工程に応じて必要なスタッフを増やしながら進めています。しかし、すべての制作依頼を引き受けるにはほど遠い戦力です。
現在取引のある企業以外にも世界の大手ゲーム企業からの仕事が打診されていますが、そのほぼすべてを断っているのが現状です。

世界市場を視野に入れたゲーム開発をしているアルトロンにとって海外での取引先を増やし、知名度をあげていくことは、 世界規模で影響力を持つことができるチャンスです。そんなチャンスを見逃すわけにはいきません。世界を相手に活躍する ゲームクリエイターを目指しませんか。アルトロンにはそのフィールドがあります。

仕事内容

世界中で愛されるあの人気キャラクターがゲームの主人公。
日本を飛び出し、世界で勝負できる将来が開けています

【実は、世界ランキングの常連です!】
私たちが制作するゲームの主役は映画やアニメなどに登場する人気キャラクター。 世界中で発売されるゲームのパッケージにアルトロンのロゴが記載され、エンドロールで クリエイターの名前が流れます。そんなわけで日本よりも海外で有名な当社はイギリスの有力ゲーム雑誌が選ぶ「世界で最も成功しているゲーム開発会社ランキング」に3年連続ランクイン、 2007年には63位に登場しその知名度を確実にしています。

【ウォルト・ディズニー社も「企画から考えて」】
ソフトメーカーからの依頼内容は「人気キャラクターの映画をモチーフに」、「このキャラクターを主人公に」などキャラクターや映画が指定されるだけのことがほとんど。 ゲームのすべてを当社で企画・制作しています。あのウォルト・ディズニー社からも「企画を持って本社へ来てくれ」と信頼を寄せていただいています。

開発がスタートするとプロジェクトチームが組まれ、納品までの数ヶ月、長くて1年ほどはそのチームに所属して仕事を進めることになります。8~10人が1チームで制作を進めますが、初期段階ではグラフィッカーを多く投入し、中期以降はプログラマーを中心に配属するといった具合に開発段階に応じて必要な職種と人数を調整しながら開発していきます。

【職場は日本、そして世界】
海外企業が仕事相手ですが、7~8割の業務はメールのやりとりで完結します。しかし、企画を通すため現地へ飛ぶことも珍しいことではありません。 ただし、英語の心配は要りません。メールでも会議でも必ず通訳がコミュニケーションをサポートします。アメリカでの打ち合わせに出席するのは主にチーフプログラマー、アートディレクター、プロデューサーといったリーダークラス。みんな20代の若手です。入社3~4年後には、開発のリーダーとして世界的企業を相手に自分の企画をプレゼンする。あなたにもそんな将来が開けています。


打合わせ CGデモ 会話中
【常に"世界最新のもの"しか作らない】 ハードはおよそ4年周期で新しい機種が登場する。そうなると前機種までの知識や技術はすでに過去の物。 常に最先端の知識とトレンドを頭に入れて開発に取り組む。
【信頼されているからこそ、厳しい注文もされる】 納期直前にミニゲーム10コ追加なんて無理難題が降り掛かることも。 NOは言わず、「8コならどうですか?」。 常にドンデン返しの事態を予測した綿密なスケジュール管理で対応する。 【オファーからすぐにアメリカへ】 チーフプログラマーやアートディレクターなどのリーダークラスになると アメリカ出張も珍しくはない。「今日来たこの依頼、 デモ版作ってアメリカでプレゼンね」なんて案件もあり。



扱う製品・サービス 世界で認められたキャラクターデザインを学び
決められた期間で最高の作品を作る
ファインディングニモなど、世界中の誰もが知っているキャラクターを使ってゲームを組み立てます。 有名なキャラクターや映画をテーマにするだけに約束事も多く、細部に至るまでキャラクターの持つ世界観に ふさわしい表現が要求されます。大変ですが、世界最高峰の技術を身につけるチャンス。 前向きな姿勢でみんなで協力しながらがんばっています。 また、納期近くに大きな変更が入ることもありますが、常に「何が起きても納期は遅らせないように」 と最悪な状況を想定し、準備することが大切です。
入社直後の仕事 自力でゲームサンプルを作成し
次の業務への自信につなげる
まずは所属チームを決定します。そこで自分の力でゲームのサンプル作りに挑戦します。 内容はまったく自由です。ゲームに携わったことがなくても、プログラミングの知識があれば、 先輩に聞きながら、マニュアルを見ながらなんとかできるものです。大部分の人が2週間程度で完成します。 ひとつのモノを作り上げた喜びは大きな自信につながります。 次にいよいよ実際の業務へ。プログラマーならメインに関係しない細部から、 グラフィッカーは2D、3Dソフトを動かせるようになったら背景のオブジェクトから始めます。 その後は実力に応じて重要な部分をまかせていきます。1年でゲーム開発の一通りを理解できることが目安です。

社員が語る仕事内容

T_I 入社動機 やる気と前向きな姿勢を評価し
がんばり次第で仕事を任せてくれる
前職はネットワーク構築関連の会社で電話回線やLAN接続のクライアント対応をしていました。 20代の後半になって、どうしてもゲーム業界への道をあきらめきれず、ラストチャンスだと思い、 ゲームの専門学校に進学。28歳で卒業と同時に当社に入社しました。 就職活動にあたっては、いくつか会社を訪問したのですが、業界未経験でもやる気と前向きな姿勢を買ってもらえること、 がんばり次第で仕事を任せてくれる環境であることを考え、当社に決めました。
やりがい 苦労して作ったゲームが動くという充実感
アメリカの子どもたちが遊んでいる不思議さ
開発部
プログラマー
入社3年目
T・I
確かにスケジュール的にきついときもありますが、それでもプロとしてよいものを作ろうという気持ちと チームワークでそこは乗り切っています。だからこそ、苦労して作ったゲームが商品として出来上がり、 動いたときの充実感はひとしおですね。また、当社が手がけるゲームは主にアメリカ市場でプレイされるもの。 自分が作ったゲームでアメリカの子どもたちが遊んでいるということはとても不思議ですし、嬉しいですね(笑)。
  成長できるシーン 明確なビジョンを持つことで
視野も経験の幅も広げながら成長できる
  自分はこの業界でどんなことがやりたいのかという明確なビジョンを持ち、その達成に向かって突き進む… そんな気持ちを持続させ、日々の仕事にあたっています。 自分はもとはサウンドをやりたくてこの業界に入りました。ですから、プログラマーとしてゲームを作る一環として、 いつか音作りを担当できるようになりたいです。それには、ゲーム全体の構成を知ること、作れるようになることが必要です。 自分のビジョンをはっきりと持つことで、視野も経験の幅も広げながら成長することができると思います。
  身につくスキル・経験 技術だけではない
視野が広がり、発想力を身につけられる
  当社は40人と小さめの規模なので、入社後まもなくでも大きい仕事をどんどん任せてもらえます。 経験を重ねるごとにプログラマーならプログラミング技術、グラフィッカーならば作画技術が、 当然ながら身につきます。でもそれ以上にゲーム作りで重要なのは、ネタになるような引き出しをたくさん持っていること。 ゲーム作りはゲームの知識だけではどうにもなりません。 世の中の様々なトレンドを吸収していることや本で読んだことなど、ゲーム以外の知識や経験が活きる世界です。 今は業界的な過渡期で、アイデアが出尽くした状態。だからこそ、従来とは異なる斬新な発想が求められています。 視野を広げ、アイデアを生み出す引き出し作りをする姿勢が自分の中にできますよ。
  ただ今挑戦中 知識的にも技術的にも
発想という点でも、まだまだ課題は山積
  プログラムの基礎知識は学校で身につけ、入社から丸2年経ち、実務を通して得てきている経験は大きいものの、 当社の取引先はウォルト・ディスニー社やTHQ社など世界的に有名な会社。そのゲーム開発だけに、知識的にも技術的にも、 発想という点でも、まだまだ課題は山積しています。特に新人スタッフを教える立場になってから、その想いは募る一方。 まずは社内の誰もから「お前に任せておけば安心」と思われるようになりたいです。

対象となる方

好きなことを仕事にするから頑張れる。だからゲームが大好きなことが絶対条件です


応募条件 ゲーム業界の経験は必要なし。
どの程度のプログラミング、絵が描けるかを教えてください
ゲーム業界は未経験でもかまいません。C言語でプログラミングをやったことがある人はプログラマーに、 フォトショップを使える人、絵が描ける人はグラフィッカーへ挑戦してください。入社したときの知識は さほど重要ではありません。先輩の仕事を見ながらひとつひとつ覚えていってください。ゲームが好きで、 興味が持てるならスキルアップは速いはずです。当社は勤続年数にかかわらず、できる人に仕事を任せる実力主義です。 チームの主力メンバーとして活躍してください。
歓迎するスキル・経験 自分のスキル向上のために、地道な努力を重ねられること
未経験でももちろんかまいませんが、ゲームプログラミングの経験者、2D、3Dグラフィックソフトが使える人、 歓迎します。未経験の人よりも少しはやく開発業務が開始できると思います。 そして一番大切なことは、自分の目標を実現するために地道に頑張っていけること。 リーダーシップをとってチームを引っ張っていく道。 現場主義を貫いて特定分野のエキスパートとして活躍する道。 将来像は自由に描いてください。全力で頑張る人には全力でその気持ちに応えます。

採用プロセス

経験や技術を語る前に、あなたのゲームに対する思いを聞かせてください。
書類・作品選考 履歴書をお送りください。グラフィッカー希望の方は作品も一緒にお送りください。プログラマー希望の方は実行できるファイルおよびそのソースコードをお送りください。
Arrow  
筆記・実技試験 プログラマー希望の方はC言語についての簡単な試験を、グラフィッカー希望の方は実技試験を受けていただきます。
Arrow  
面接 社長とリーダーが面接を行います。どんなゲームが好きか、どんなゲームを作りたいか等をお聞きします。
Arrow  
内定 面接の結果を検討し速やかにご連絡致します。当社での活躍を期待しています。入社後、半年間は契約社員として勤務していただきます。半年経過後に正社員となります。